無料連続メール講座 「奇跡の営業所」は誰にでも創れる

こんな方を全力でサポートする無料連続メール講座です!
絆のあるお客様に喜んでいただき、大切な社員が自ら輝いて、かけがえのない自分と家族が幸せになりたい経営者

お名前
 (例)山田太郎
Eメール
※ご登録いただいた「お名前」と「メールアドレス」は、個人情報保護の観点に基づき、無断で第三者に開示することはありません。 ※スパムメールの類はお送りいたしませんので、ご安心ください。 ※連続メール講座(全12回)の終了後も、新規顧客開拓や社風向上にお役にたつ情報や特典を無料で配信いたします。 ※購読解除は、いつでもストレスなしに行えます。 ※ファイルのダウンロード等がありますので、携帯電話からの閲覧は不都合がある可能性があります。

多くの方があなたと同じことでお悩みです

森川滋之こんにちは。333営業塾・代表世話人の森川滋之です。

私は、2年足らずの間に同塾長・吉見範一のセミナーを30回ほど主催し、多くの営業に悩みを持つ中小企業経営者とお会いしてきました。

彼らとお話しして分かってきたことは、多くの方が以下の1つ以上のことでお悩みだということでした。

 営業スタッフに任せることができず、リーダー自身が商談に駆け回っている
 会社に右腕と呼べる人間がおらず、すべて自分で意思決定 している
 社員に夢や理念を語っても反応が今ひとつである
 新しいことを始めようとしても、「また変なことを始めたよ」 と社員に言われてしまう
 凄腕の営業マンがおらず、売上が上がらない
 とりあえず目前の売上を上げないと会社が続かない
 安定的に売上を上げ続けるしくみを作りたいが、方法が分からない

吉見範一一方で、吉見は初心者営業マンばかりの営業所を任され、その営業所をダントツの日本一したことがあります。

そのとき吉見には、以下の5つの制約条件がありました。

  1. 15人ほどいた営業部員は、ほぼ全員が営業の初心者だった
  2. シェア奪回という、ベテランの営業にも難しいテーマであった
  3. 赴任期間が9ヵ月と短く、営業マンをじっくり育成する時間もなかった
  4. 吉見自身、管理経験がなかった
  5. 雇われ所長のため権限を著しく制限された

 

しかも、吉見は営業マンに解雇や減俸をちらつかせてプレッシャーをかけたり、逆に金銭的なインセンティブを使わずに、ダントツの成果を達成したと言うのです。

なぜ、吉見にはこのようなことが可能だったのでしょうか?

 

まずは、うまく行かない考え方を知ってください

ここをお読みになっている方は、冒頭の文章に興味を持っていただいた方だと思います。

なので、もちろん最後まで読んでいただきたいですし、無料連続メール講座も購読していただきたい

しかしながら、もしあなたが以下に書くことがどうしても違うと思うのであれば、たぶん購読なさっても無益ではないかと思うのです。

もしそうであれば、最後までお読みいただく必要はありません。違うと思ったところでお帰りいただければ、あなたの貴重なお時間をムダにしないで済みます。

●売上が足りないのは、スーパー営業マンがいないからか?

確かにスーパー営業マンがいれば売上は上がることでしょう。

そして、スーパー営業マンがこの世に存在することも同意します。しかし、そのような人が世の中に何人存在するか考えたことがありますか?

おそらくスーパー営業マンがあなたの会社に来てくれる確率は、宝くじで一等を当てるのと変わらない確率だと思います。

となると、スーパー営業マンを採用しようと思って、高いお金を使っている経営者は、資金繰りを宝くじでやろうと考えているのと変わらないといえるのではないでしょうか?

また、仮にそのようなスーパー営業マンが採用できたとしても、それに見合う給料をあなたは払い続けることができるのでしょうか

もっと給料が支払える会社にヘッドハンティングされるのがオチです(これは例外を聞いたことがありません)。

●売上が伸びないのは営業マンの研修が足りないからか?

スーパー営業マンが採用できないのであれば、個々の営業マンの能力の底上げしかない――そのように考えるのも当然です。

基礎的なビジネスマナーやヒアリング能力などが必要なのは間違いありません。ある程度、研修で知識が増えるのも確かです。

だから、研修全般を否定するつもりはありません(私どももやっておりますし)。

しかし、営業マンの能力を向上するという触れ込みの研修は、実際はあまり役に立ちません

ビジネスマンとしての成長は何歳になってもありえますが、悲しいかな立派な大人の能力は少なくとも研修したぐらいでは向上しません。

知識は増えます。しかし、売上が知識で決まるとは、まっとうな経営者であれば、即座に否定するのではないでしょうか?

●売上が伸びないのは営業管理ツールがないからか?

営業マンの行動をきちっと管理することだ。それにはITツールも必要――この考え全体を否定するつもりはありません。

すぐれたITツールは管理の精度を向上し、管理自体を省力化し、営業マネージャに考えるためのデータと時間をもたらします。

なので、営業管理ツールの導入に反対するつもりはないのですが、実際問題としてツールを導入しても売上が上がらない会社は多数ありますし、ツールを導入しなくても売上が上がっている会社も多数あります。

道具(ツール)の問題ではないのです。

先に良い考え方があって、それに合うツールが導入できたときに、ツールは最高の力を発揮する。それだけのことなのです。ツールが先ではありません

●売上が伸びないのは提案力がないからか?

お客様から提案がないとすぐに言われる。これがうちが売れない原因だろうか?

ご安心ください。本当の意味で提案営業のできている会社は、超一流の大企業も含めてほとんどありません。スーパー営業マン同様、スーパー提案者も世の中にはほとんどいません

なので、提案力があれば強いのは間違いありませんが、提案営業ができないから売れないというのは違うのです。

●では、売っている会社は何をしているのか?

吉見が所長として赴任した当初の5つの制約条件を思い出してください。

スーパー営業マンなどいませんみな初心者で、しかも研修する時間もありませんでした。営業管理ツールなどありませんでしたし(あるとすれば役に立たない日報だけでした)、提案営業なんてとんでもないという状況でした。

しかし、それでもダントツの日本一になったのです。

その秘訣はなんだったのでしょうか?

ありきたりだとがっかりしないでください。単純に営業行動量が多かっただけなのです。

しかし、がっかりした方は、次の問いに答えられますか?

問)どうやったら営業マンは行動量を増やすでしょうか?

プレッシャーをかける。金銭的インセンティブで釣る。表彰制度をつくる。

そんなことはすでにやっていますよね?そしてうまく行きません。

吉見のとった方法は、これとはまったく違います。営業マンが自ら目を輝かせて行動するようになる方法です。

注)怪しい宗教ではありません。なお、私どもの理論的根拠となる本が最近出ました。『モチベーション3.0』(2010年7月6日が日本語版の初版第1刷発売日なので、この連続メール講座のほうが先にはじめていました)です。


誰にでもできることだけをやった

私・森川は、吉見の話が最初は信じられず、根掘り葉掘り質問をしました。

そのうちに分かってきたのは、吉見が誰にでもできることしかやっていないということでした。しかも、それぞれが理にかなった行動でした。

ちなみに私が本当に信じる気になったのは、営業所が解散になるときに吉見がメンバーからもらった寄せ書き(写真)を見たからでした。

寄せ書き

私は、吉見の話に感動し、『奇跡の営業所』という書籍にまとめました。

そして、吉見のやった「誰にでもやれること」を多くの方にお伝えしたいと思い、吉見のやったことを分析して、いくつかのフォーマットとしました。

そのフォーマット類に

  3時間で打ち手が分かり、3週間で手応えがあり、3ヵ月で成果が出る

という意味をこめて、333営業フレームワーク(333BFW)という名前をつけ、さらにそれを伝えるための事業として、333営業塾を立ち上げました。

333BFWを活用すれば、あなたも必ず「奇跡の営業所」=伝説のチームを創ることができます。

今回、あなたにご提案する無料連続メール講座は、このことをお伝えするものです。

 

内容を少しだけお見せします

まずは、目次をごらんください。

「奇跡の営業所」は誰にでも創れる
―社員が自ら輝く営業組織をつくるための10のエピソード―

目次

はじめに どんなに制約条件があっても売れる組織は作れる
1.どうしたら営業マンは動き出すのか?
2.売ることをあきらめる
3.一人でダメなら
4.適材適所を実現する方法
5.すごい営業会議
6.お客様の声から自社の強みと機会をさぐる
7.現場から弱みと脅威を吸い上げる
8.YM式クロスSWOTで問題解決(準備編)
9.YM式クロスSWOTで問題解決(解決編)
10.なぜ心のスイッチが入ったのか?
おわりに 日本中を「奇跡の営業所」に

大きく3つのことをお伝えします。

1〜5に関しては、吉見がどうやって初心者営業マンをやる気にさせていったかについてまとめています。この5つを取り入れるだけでも、あなたのチーム(会社)は活性化するはずです。

 

6〜9に関しては、333BFWの中から、最初の打ち手を見つけ出すための方法論であるYM式クロスSWOT分析詳細にご紹介しています。

YM式クロスSWOT分析
▲YM式クロスSWOT分析(講座では、モザイク部分も公開しています)

冒頭の5つの制約条件を思い出してください。

ほとんどの人間が尻込みをするような制約条件がありながら、吉見が自分の担当した営業所をダントツの日本一にした戦略が、すべてこの単純なフォーマットに、考え方も含めて表現されています。

 

そして、10が本講座の白眉です。

多くのリーダーが「甘えるな」と言ってしまいそうな女性営業がいました。法人は無理、一人で営業へ行くのはいや、と彼女は言っていました。それに対して、吉見は彼女の希望を最大限に尊重しました。

その女性が、吉見が期待していた以上どころか感動し涙を流してしまうような行動を取り、営業所を廃止から救いました

彼女は、なぜそのような行動を取ることができたのか?

その秘密を、明かしています。

 

12回の連続講座で、冒頭にあげた7つの悩み、

 営業スタッフに任せることができず、リーダー自身が商談に駆け回っている
 会社に右腕と呼べる人間がおらず、すべて自分で意思決定 している
 社員に夢や理念を語っても反応が今ひとつである
 新しいことを始めようとしても、「また変なことを始めたよ」 と社員に言われてしまう
 凄腕の営業マンがおらず、売上が上がらない
 とりあえず目前の売上を上げないと会社が続かない
 安定的に売上を上げ続けるしくみを作りたいが、方法が分からない

すべて解決しそうな気になりませんか?

吉見のやったことは、本当に誰にでもできることだけです。難しいことは1つもありませんし、努力も根性も必要ありません

ただし、やり続ける信念だけは必要かもしれません。

 

受講生の抱えていた課題と感想

ご参考までに、既に連続メール講座を受講された方々の抱えていた課題とご感想を抜粋してご紹介します。

抱えていた課題
受講してみて
お名前
集客 キチンと実践し切れていませんが行動を起こしやすく少しずつ動き始めています。 西村眞由美 様
営業 兼 プランナーとしてswot分析などで各社の問題点を洗い出す仕事で受注に結びつける仕事をしていますが、このところクロージングまでの時間がかかり、日別/週別の生産性が著しく低下しておりました。 実にギュッと詰まった内容で、メール講座にて教えていただいた内容を実践し、早速ご契約をいただいております。各社の決裁権者とお会いできれば、1時間程度でクロージングできます。それまでの「根回し」というプロセスにそれなりの手間がかかるのですが、以前と比較してこの流れもスムーズに進んでいます。 早坂 淳一 様
確実に商売を広げるには、どのように分析し、どのように攻めるのが効果的かわからなかった。 何度も読み返していれば、分析をくりかえせば、徐々に自社の問題が浮き彫りになり、それに対してどうすればよいかが、すこしずつ見えてきました。 匿名希望
新規のお客様の獲得の方法とその後リピート化に繋がる方法を模索している 大変興味深く思います、私は経営者ではないのですが、担当業務はホームページでの販売、運営、管理をしています。ホームッページの業務を1つの会社と考えれば333営業塾メルマガにある内容はそれに繋がる部分は多々あると感じています。 匿名希望
どのようにして自分が出会いたいお客様に出会うのか。/お客様に対してどのように自社の魅力を伝えるのか。/自社の魅力をどのように見つけるのか。/同業他社と差別化できるようなコンセプトはないか。 まず、SWOT分析の具体的な活用方法がよく分かって面白かったです。そして、顧客を絞り込むことの強さ・大切さがよく分かりました。学ぶだけでなく、どんどん実践して、試行錯誤して、売上をアップさせていきたいと思います。 匿名希望
現状の課題に対して漠然とした対応策しかなく具体的な実行案、プロセスがあいまいだった 何が大切か重要かということはわかっていたつもりだったが具体的にそれが明確になりまた、今後あらゆる場面での初動がはっきりし、即今回教わったことを実行に移したいと思うようになった 匿名希望
店の状況分析ができない。自分自身の分析力の無知 わかりやすい内容でYM式を取り入れたいと感じました。 匿名希望
会社としてPush型の営業をしたことがなく、いざPush型の営業をやってみようとおもったら、どう表現していっていいのかわからなくなってしまった。 非常にわかりやすく実践的だと感じました。 匿名希望
営業力というものの磨き方。その能力をつけるための方法や手法がわからなかった。 すぐに自分の能力となるものではないと思います。この講座を活かして、自分なりに消化して実践して経験を積み重ねていくことが大切だと思います。 匿名希望
今年から本格的に「個人向けセミナー」を開催するに当たり、マーケティングという未知の分野を学びたかった。 本当にシンプルで分かりやすかった。 匿名希望
集客方法,価格設定の考え方。 新規顧客開拓、集客の考え方として、勉強になりました。 匿名希望
弊社顧客である水道工事店様の悩み(一般のお客様にアプローチできない)に明確な答えを提供できなかった。 すぐ、弊社幹部社員にも紹介しました。 匿名希望
自社の営業担当者のレベルアップにつながるツールを探していた。 すごく分かりやすい。メルマガの内容をまず自社での業務に反映させてみたいと感じた。 匿名希望
見込客をどうやって見つける 不勉強な私でも非常にわかりやすい説明であった 匿名希望

 

お疑いはごもっともなので、すべてご回答します

タダほど高いものはない――あなたはお疑いかもしれません。

ごもっともです。私も、無料小冊子や無料メール講座には数多くだまされ、痛い目にあってきました

それらとはまったく違うということを、よくあるご質問(FAQ)という形でお示しします。

Q)次々と申し込んでもいないメルマガが送られてくるのではないか?

私も、無料レポートでこれをやられたことがあります。無料レポートを申し込むと、次々と申し込んでもいないメルマガが送られてくるようなサービスを提供している悪質サイトがあるのは事実です。

しかも、そのようなサイトから送られてくるメルマガはくだらないものばかり。全部解除するのに、数時間もムダにしました。

我々は、独自配信をしており、そのようなしくみは利用しておりません。したがって、申し込んでもいないメルマガその他が多数送られてくることはないとお約束できます。

なお、連続メール講座終了後にフォローのためのメルマガは配布させていただいておりますが、マウスクリックだけで解除可能ですので、ご安心ください。

Q)何かとんでもないものを売りつけられるのではないか?

セミナーや教材のご案内を差し上げることはありますが、売り込みは一切しておりません

もちろん広告文ですので、申し込みたくなるような書き方はいたします。しかし、あなたがお申し込みをしない限りは、ご請求が発生することは一切ございません。

また我々は、広告文の書き方のメソッドももっておりますので、広告文自体があなたが広告を作られるときの参考になるはずです。どうぞ、ご参考になさってください。

なお、333営業塾のメルマガに関しては、広告のための号外は一切発行しておりません(※)。その点もご安心ください。

※吉見および森川のオフィシャルメルマガでは号外を発行することがありますが、333営業塾のメルマガを申し込んでも、これらが勝手に送られてくることは一切ありません。

Q)個人情報の保護は大丈夫なのか?

配信システムとして、定評のあるAutoBizを利用しております。セキュリティは万全です。

なお、333営業塾の運営会社であるITブレークスルーのプライバシーポリシーについては、下記をご覧ください。
 ⇒ http://www.itbt.biz/privacy.html

Q)吉見範一や森川滋之と言っても知らない。本当に信用できるのか?

下記に私どものプロフィールがございます。ご覧になってご判断いただければと存じます。
 ⇒ http://www.itbt.biz/333eigyo/profile.html

Q)そもそもなぜ無料なのか?

そんなにいいものであり、悪質な売込みをしないのなら、なぜ無料なのか?この疑念は本当にごもっともと存じます。

我々は、日本中を「奇跡の営業所」=伝説の会社(チーム)にしたい、というミッションを持っています。

政府の無策や悪法のために、日本中の中小企業が苦しめられています。

日本中の商工会議所を回っている吉見は、特に地方における中小企業、その中でも日本の屋台骨を支えている製造業の経営者が本当に困っていることに心を痛めています。

しかし、制度を呪っても解決はしません。我々はひたすら頑張るしかありません。また、制度の抜け道を探しても、それはいずれ塞がれます。

頑張っている経営者やリーダーに、吉見が受け取った「魂のごちそう」を受け取ってほしい

そうなれば、その部下である営業マンたちも自然と幸せになるはず。

このような気持ちで333営業塾を始めました。

連続メール講座と、そのフォローのメルマガだけで、実際に「奇跡の営業所」が増えていくのであれば、我々のミッションが実現することになります。

つまり、無料で配布することで多くの方に「奇跡の営業所」を作る方法を知っていただきたいのです。

しかし、それではおまえたちが食べられるのかと、心配してくださる方もいらっしゃるでしょう。

ご安心ください。

連続メール講座とフォローのメルマガの内容がよければ、直接セミナーで話を聴きたいという方も必ず一定数いらっしゃいます。

また、セミナーに参加してくださった方に無料相談をすることで、早く確実にやりたいのでコンサルティングを受けたいという方も必ず一定数いらっしゃいます。

中には、共同事業のオファーをくださる方もおられ、実際にいくつかのWin-Winのプロジェクトが進んでいます

しかも、我々は一切売り込みはしていないのにです。

良質なものを無料で多くの方に提供していれば、必ずどこかで対価はいただけるようになっているのです。

それを信じて(実際にその信念通りのことが起こっています)、我々は無料で価値のある情報をご提供しているのです。

Q)売り込みをしないのに仕事は本当に来るのか?

そもそも我々は、「営業マンは売り込むな」ということを主張しています。なので、我々自身が売り込みをするわけにはいきません

よく安価なセミナーで集客して、懇親会等で売り込みをかける業者がいます。我々はこれも1つのビジネスモデルだと思っており、否定はしません。

しかし、我々は、本当に共感し合える方としか一緒に仕事をしたくないという少しワガママなビジネスをしております。

小阪裕司先生によると、絆を大切にし、世界観を創り上げ、それを伝道し、ゆるやかなコミュニティを育んでいくことが、価格競争にならないビジネスの原則なのだそうです。

そして、我々が目指しているビジネスモデルは、まさにこの原則に則ったものなのです。

このビジネスモデルではまったく売り込む必要がありません。その結果、価格競争にならないので、十分な利益が出ます。

そして、実際にクライアントは毎月増えております。

もし、あなたがこの原則に則ったビジネスモデルで経営を改善したいのであれば、迷わず連続メール講座にお申し込みください。

無料です。あなたにリスクはありません。

あるとすれば、決心が遅れて取り返しがつかなくなるリスクだけです。

今すぐ、下記の登録フォームからお申し込みください。

▼ご登録はこちらから

お名前
 (例)山田太郎
Eメール
※ご登録いただいた「お名前」と「メールアドレス」は、個人情報保護の観点に基づき、無断で第三者に開示することはありません。 ※スパムメールの類はお送りいたしませんので、ご安心ください。 ※連続メール講座(全12回)の終了後も、新規顧客開拓や社風向上にお役にたつ情報や特典を無料で配信いたします。 ※購読解除は、いつでもストレスなしに行えます。 ※ファイルのダウンロード等がありますので、携帯電話からの閲覧は不都合がある可能性があります。