1桁上の反応率を狙う社長のための売り込まずに差別化する広告戦略G9M(ジークエム)

無料セミナー~「営業嫌い」の社長のための売り込まずに差別化する広告戦略入門

※現在、開催予定はございませんが、リクエストがありましたら検討いたします。

G9M_briefing_top

どうして宣伝・PRが苦手な会社が多いのか?

必要なのは方法論

必要なものは方法論

驚くほど多くの会社が、自社および商品・サービスの宣伝やPRが苦手です。

まず、BtoB(法人向け)の企業(部品製造、ITなど)のほとんどは上手とは言えません。また、BtoC(消費者向け)でも、たとえばテレビCMのレベルの差は歴然としています。また、NPOなど公益的な事業をしている団体も間違えている企業が多いようです。

なぜでしょうか?

多くの会社や人が、広告のことを知らなすぎるのが原因ではないかと私は思います。

日本の広告業界をリードしているクリエーターやプロデューサーあるいは「宣伝部長」がいます。彼らのやっていることは、ある意味アートです。なかなか真似できるものではありません。

彼らの「作品」を見ていると、売れる広告はプロにしか作れないように思えます。ちょうど、写真撮影は誰にでもできますが、カメラマンとして食べていけるのはごく一部の人だけであるのと同じです。

しかしながら、このようなトップ広告パーソンに依頼できる会社や、有名「宣伝部長」がいる会社はごく一部です。

ほとんどの会社は見様見真似で、つまり我流で広告を作ることになります。そこには方法論というものがありません。

多くの会社に必要なのは、誰にでも一定以上の広告が作れるようになる方法論なのです。

icon_ya_red 開催要領はこちらへ

元ITエンジニアだからこそ作れた方法論

20110928_120x120売り込まずに差別化する広告戦略コンサルタント森川滋之です。

実は、私は広告代理店にいたことはもちろん、企業の宣伝部門にいたことさえもありません。

マーケティング部門にはおりましたので、マーケティングの勉強はひと通りいたしましたし、ライターとして導入事例制作などPR用文書の執筆経験は数多くございます。ですので、全くの素人とは言えませんが、広告について偉そうに語る資格は本来ないと思っています。

しかしながら私のアドバイスで、ある企業のDMの成約率が15倍になったのも、初めてチラシを作成した営業マンが平均より1桁高い成約率を達成したのも、また事実なのです(事例はこちらに)。

私になぜこのようなことが可能なのか?

それは、意外かもしれませんが、私が長い間ITエンジニア(SE)だったことと関係があります。

ITエンジニアと一言でいっても、いろいろな業態があります。私は、企業向けの業務システム開発に携わってきました。この業態では、天才的なプログラマは必要ありません。逆に、昨日専門学校を卒業したばかりのまだ熟練していないプログラマでも、一定レベルの品質のプログラムを作成してもらう必要があります。そして、ITの世界には、それを可能にする方法論があったのです。

そのような世界に長年いた私が起業して、自分自身の事業やサービスを宣伝しなければならなくなった時に最初に感じたのは、広告の世界にはITの世界で私が駆使してきた方法論に匹敵するものがないということでした。

もちろん、コピーライティングの教科書など、参考になる本はたくさんありました。また、セミナーにも参加しました。そこで、考え方を学ぶことはできました。

しかし、コンテンツを作るための具体的な方法論や、広告を書くための具体的な作法は見当たりませんでした(ITが分かる方むけに言うと、構造化手法やデータ分析アプローチあるいはオブジェクト指向、さらにプログラミング作法のようなものがどこにもなかったのです)。

かと言って、一流の広告パーソンに依頼するだけの資金もありませんでした。

だったら、自分で方法論を作ろうと長い間、コツコツ作ってきたのが、私の提唱するG9M(グッド・ナイン・メソッド)なのです。

コンテンツのベースを作るための分析手法から広告の仕様まで一貫していて、しかも誰にでも一定レベルのものが作れるようになる広告制作方法論は唯一だと自負しております。

icon_ya_red 開催要領はこちらへ

直接伝えないと分からない部分がある

G9Mを適用するだけで素晴らしい結果が出るのはなぜでしょうか?

「誰に・何を・なぜ」の原価は難しい

「誰に・何を・なぜ」の言語化は難しい

それは、冒頭に書いたように「多くの会社や人が、広告のことを知らなすぎる」からです。

たとえば、DMでもチラシでも書く順序というものがあります。それを多くの会社は知りません。その順番を間違えると「宣伝臭」を消したつもりが「強引な売り込み」になることさえあります。

あるいは、広告には必要な情報と不必要な情報(ノイズ)があります。多くの会社は、自社の信頼度を高めようとしてノイズを大量に入れてしまいます。すると、何を訴求しているのか、どういう行動をとって欲しいのかが全く分からない広告になってしまいます。

良かれと思って書いたことが、知らないばかりに全て裏目に出てしまうのです。

それ以上に問題なのは、広告の軸がないことです。[誰に・何を・なぜ」伝えたいのかを広告を制作する以前に固めておかなければなりません。人は一貫性のないメッセージを嫌うからです。

ところが、「誰に・何を・なぜ」と簡単に言いますが、これらを言語化するのは、実は大変むずかしい作業です。これにも方法論が必要なのです。

コツが必要です。そのコツを、せっかくいいものを作っている/いいことをしているのになかなか市場に伝えられない経営者様に直接お伝えしたい。

そこで、このようなセミナーを開催することにした次第です。

icon_ya_red 開催要領はこちらへ

セミナーの内容

今回お話しする内容は以下の通りです。

check どうしたら売り込まずに差別化できる広告戦略が作れるのか?

check 似たような広告でこんなに違うのはなぜか?

check 確実な広告戦略を9時間で作るためには?

check 質疑応答

今回は、特に事例と質疑応答に時間を取り、確実に持ち帰っていただきたいと思っています。

また、無料で貴社の広告(チラシ、DM、HP等)の改善相談も承ります。

icon_ya_red 開催要領はこちらへ

開催要領

日時2014年7月24日(木) 18:10~20:30 ※開場18:00
場所京橋プラザ区民館 洋室1号室
東京都中央区銀座1丁目25番3号
最寄り駅:宝町、新富町、京橋など
アクセスマップはこちら
対象者以下のような悩みをお持ちの経営者

  • 商品力には自信があるのに、市場で認知されていない

  • DM、チラシ、HPなどの反応率が低い

  • 広告代理店に外注しているが、制作物がピンと来ない

  • 公益的な事業に取り組んでいるので、宣伝臭のないPRをしているが反応が薄い

  • 営業・マーケ・開発が一体になって商品のPRに取り組んで欲しいのに、それぞれ自己主張をするばかり

参加費無料
定員30名
懇親会あり(3,500円程度)

※G9Mのセミナーは録音可です。

お申込みはこちらから

事例

G9Mの事例はこちらにございます。

icon_ya_red 開催要領はこちらへ

 講師紹介

売り込まないで差別化する広告戦略コンサルタント 森川滋之

森川滋之

1987年、京都大学文学部を卒業し、大手システムインテグレーターに入社。SE、SEマネジャーとして20以上のプロジェクトのリーダーを務める。

バブル崩壊後、「SEも営業」という経営陣の要請に真摯に応え、営業支援活動にも積極的に従事。提案コンペの勝率は75%を誇る。

その後営業企画部に異動するが、自ら営業をしてみたくなり転職。1年後の2005年に独立する。

2008年に、「新規開拓の神様」と呼ばれる商談ツールコンサルタント吉見範一氏と、「333営業塾」事業を開始。IT企業を中心に営業力に不安を持つ会社のコンサルティングに従事する。

順調に案件を受注していたが、東日本大震災で一転、仕事がほとんどなくなる。そこで、以前から持っていたコンテンツである「自分軸」を見直し、広告戦略の軸として位置づけたところ、IT大手や中堅製造業などから仕事が来るようになり今に至る。

著書は、吉見範一氏の実話をもとにしたフィクション『奇跡の営業所』、『SEのための「不況に強い」営業力のつけ方』など。長年SEだった経験を買われて、IT関連の媒体への寄稿も多数ある。

icon_ya_red 開催要領はこちらへ

無料で開催する理由

「最速」がモットー

「最速」で広告戦略を!

画期的な方法論と自負しておりますG9Mについてのセミナーをなぜ無料で開催するのか、そこに怪しさを感じる方がいらっしゃるかもしれません。

理由は単純です。多くの方にG9Mの真価を理解していただきたいのと、また多くの方に開発者である私のことを知っていただきたいからです。

少なくとも強引な売り込みをすることはないと約束いたします。私自身2007年から6年以上50回を超えるセミナーを主催してきましたが、強引な売り込みをされたというクレームは一度もいただいておりません。

私自身、なかなか自分自身やサービスの良さを伝えられないもどかしさを味わってきた人間です。なので、真摯にいいものを作ろう/いいことをやろうと日々努力しながら、それが市場の認知に結びつかない経営者の苦しさはよく理解しているつもりです。

それを何とかするのが、私の使命だとさえ思っております。

お配りする資料と私の話す内容をもとに、時間を掛けてじっくり取り組めば、必ず冒頭で挙げたような悩みは解決すると思います。

ただ、時間のない方は、どうか私を活用して欲しいのです。私の方法論が特に有効なのは、あまり時間のない方や売上のあるうちに改善しておきたいと考える方です。

真摯にいいものを作ろう/いいことをやろうと日々努力してる経営者が一人でも多くG9Mを活用して、最速で広告戦略を改善して欲しい。そして、いいもの/いいことが満ち溢れる世の中を実現したい。

このような願いから、このセミナーを無料で開催する次第です。

icon_ya_red 開催要領はこちらへ

お申込みはこちらから

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
    

サイト内検索

カテゴリー

  • facebook
2017年5月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログ

PAGETOP
Copyright © 広告戦略コンサルタント 森川滋之 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.