自分軸研究所公式メルマガ

第88号

前号へ 次号へ


■■■  自分軸で充実した毎日を!
■■   自分軸研究所 公式メルマガ
■    2014年12月25日 第88号


※配布先、変更・解除等のご案内は文末にございます。

こんにちは!

「人に共感されるあなた」を引き出すお手伝いをする自分軸ナビゲーターの森川滋之です。

9月2日以来のメルマガです。

自由と自分軸というテーマで書いていました。

残り6回分あったのですが、12月半ばまでずっと放ったらかしになっていました。

年内に決着をつけようと、全部書き上げました。

9月以降に購読されるようになった方もいるので、総集編として全体をご紹介しようと思います。


◆自由と自分軸


僕自身、たぶん会社員の方々と比較すればかなり自由に生きているのだろうと思います。

しかし、いろいろなしがらみはやはりあります。結局は程度問題なのかもしれません。

ただ、気分としては、けっこう自由でいます。

8月末以降、ブックライターとして、3冊の本の執筆に参画しました。執筆者として名を連ねている本もあれば、いわゆる「ゴースト」もあります。

1冊の担当分を書くのに、1週間から10日ぐらい自宅に缶詰状態になり、大好きな酒も控えて書きまくりました。久しぶりに「完徹」も経験しました。

状況だけ見ると不自由極まりないのですが、僕は自由でした。

それは自分で選んだことだし、仮に辞めたとしても命までは取られまいという開き直りがあったからです。

僕が考える「自由」とは、選択肢が複数あり、自分で決定できる範囲が広いということです。

最後は心の問題なのかもしれません。しかし、自分にはいくつも選択肢があり、その中から自分で決めたんだと思えれば、自由なのだと思うのです。

●不自由の原因

「選択肢が複数あり、自分で決定できる範囲が広い」というような簡単ことが「自由」なら、なぜ世の中に「不自由」を感じる人が多いのでしょうか?

僕が考えてみたところ、下記の13個ぐらいが「不自由」になる原因だと思えました。

 ・他人と比較している
・他人の評価が気になる
・他人に承認されないと生きていけない
・他人に選択を委ねている
・他人の考えや価値観に支配されている
・他人に時間を支配されている
・他人を受け入れられない
・他人に原因を求める
・過去にしばられている
・常識や知識に囚われている
・論理に囚われている
・効率に囚われている
・感情に支配されている

思い当たることがおありでしょうか?

●もし思い当たるのなら

もし思い当たることがあるのなら、それぞれについて僕なりの解決策を書いてみました。

ご参考になれば幸いです。

他人と比較している
http://blogs.bizmakoto.jp/toppakoh/entry/20360.html

他人の評価が気になる
http://blogs.bizmakoto.jp/toppakoh/entry/20396.html

他人に承認されないと生きていけない
http://blogs.bizmakoto.jp/toppakoh/entry/20484.html

他人に選択を委ねている
http://blogs.bizmakoto.jp/toppakoh/entry/20522.html

他人の考えや価値観に支配されている
http://blogs.bizmakoto.jp/toppakoh/entry/20586.html

他人に時間を支配されている
http://blogs.bizmakoto.jp/toppakoh/entry/20688.html

他人を受け入れられない
http://blogs.bizmakoto.jp/toppakoh/entry/20749.html

他人に原因を求める
http://blogs.bizmakoto.jp/toppakoh/entry/21100.html

過去にしばられている
http://blogs.bizmakoto.jp/toppakoh/entry/21101.html

常識や知識に囚われている
http://blogs.bizmakoto.jp/toppakoh/entry/21102.html

論理に囚われている
http://blogs.bizmakoto.jp/toppakoh/entry/21105.html

効率に囚われている
http://blogs.bizmakoto.jp/toppakoh/entry/21104.html

感情に支配されている
http://blogs.bizmakoto.jp/toppakoh/entry/21103.html

 

今年も年の瀬です。よいお年をお迎えください。

もし時間があるのなら、新しい年のために「自分軸」を見直すことも併せてお薦めしておきます。

 

▼本メルマガへのご感想・ご質問等はこちらから
http://www.itbt.biz/jibunjiku/mailmag/impressions.html
※メールに直接返信しないでください!

 


■編集後記


9月2日発行の第87号の編集後記に「自分軸をライターと明確にしたとたん、別にそれを聞いてもいないはずの取引先から次々と仕事がくるようになりました」と書きました。

その後、リピーターからの注文や紹介による注文もいただきました。

まだまだ順風満帆には程遠い、綱渡りのような生活ですが、しかし以前よりは明るい兆しが見えているのも事実です。

そして、何よりも自由で明るい気持ちが継続しています。

自分軸を定めることで、本当に仕事も来るようになるし、自由にもなれるのです。

さて今回で、ある意味僕なりの「自分軸」に対する考えは吐き出した気がします。

僕の自分軸もライターということで定まっており、自分軸ナビゲーターというのは、求めがあればお請けすることもあるかもしれませんが、自分から売り込む気持ちは今のところありません。

とはいえ、自分の中で新しいテーマが見つかるかもしれませんし、こんなテーマで書いてほしいというリクエストがあるかもしれません。

このメルマガを廃刊にすることも考えましたが、その日のために無期限休刊とすることにしました。

もし相談したいことがあれば、下記からお気軽にお問い合わせください。

http://www.itbt.biz/jibunjiku/mailmag/impressions.html

ご相談がヒントになって、新たなテーマが生まれるかもしれません。

ひとまず、ここまで読んでくださったことに、厚く御礼を申し上げます。


本メルマガへのご感想をいただけると本当にありがたく存じます。
勇気と励みをいただいています!

▼本メルマガへのご感想・ご質問等はこちらから
http://www.itbt.biz/jibunjiku/mailmag/impressions.html

▼連続メール講座をご友人に紹介してください。
http://www.itbt.biz/jibunjiku/jibunjiku_MS.html


■自分軸メルマガ


発行:自分軸研究所  http://www.itbt.biz/jibunjiku/
発行人:ITブレークスルー代表 森川滋之
創刊2012年7月9日

▼自分軸研究所へのお問い合わせ、お仕事の依頼はこちらから
http://www.itbt.biz/inq_mail/form.cgi

※転送・転載歓迎(ただし改ざんは不可)


前号へ 次号へ

▼ご登録はこちらから



Eメール
※ご登録いただいた「お名前」と「メールアドレス」は、個人情報保護の観点に基づき、無断で第三者に開示することはありません。 ※スパムメールの類はお送りいたしませんので、ご安心ください。 ※連続メール講座(全8回)の終了後も、より深い自分軸発見や、自分軸の定期的な見直しにお役にたつ情報を無料で配信いたします。 ※購読解除は、いつでもストレスなしに行えます。。